今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の壱

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』の管理人ピッコロさんからの宣伝もいただいたということで、せっかくなので「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6」企画に参加させていただこうと思います^^ 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の壱 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の弐 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をして…

続きを読む

咲-Saki- 25局『全国』

麻雀の準備も万端の合宿。まずやることは……温泉! 違うだろうが。 学校に残された京太郎はまたも妄想。 それに耐えながらネット麻雀で鍛える。が、まだまだ。 相手はハギヨシ。やはり万能な執事なのな。 合宿メニュー発表の前に、かじゅが集めたという全国のデータを発表……というところで湯あたりやら何やらで発表できず。 落ち込むかじゅだが、最低でも清澄に知…

続きを読む

咲-Saki- 24局『夏祭り』

透華が読む本のタイトルは、2ぶんの1かいしんだねこ。 それを聞いた衣はもう寝てしまった。本を読み聞かせないと寝れないとは、何という高校生か。いや俺も音楽聴かないと寝れないんだけどねw 不眠はキツイよ。 清澄に取材が来る。 その対象は和。咲にも構うべきなんだがねぇ。 そんな咲を、京太郎は夏祭りに誘う。もちろん麻雀部の皆も誘うことになるのだが、京太郎の狙いはまさにそれ。そして和…

続きを読む

咲-Saki- 23局『本気』

団体戦での透華の気持ちを理解した智紀。 それでもステルスモモに気付くことはできず、2局連続で振り込んでしまう。 久は逆転するため、とにかく早く和了ることを狙う。 久にとって公式戦は、団体戦だった。団体戦にしか興味なかった。 しかし、今は違う。純粋に勝ちたいと思っている。 カンできない咲。 かつて久に教えられた、ネットの打ち方を思い出す。 それで感じるモモ…

続きを読む

咲-Saki- 22局『約束』

初っ端から京太郎のおかしな妄想から始まる。 全国に行きたかったらもっと頑張らねば。 二日目は東南戦だというが、優希ちゃんと知っとけよ。この程度の気持ちで全国目指そうとしてるとかあり得ないわ。 一回戦が始まろうというところ。 客席で観戦する睦月は、一人の女に反応する。昨日最初に負けた相手だというが、その卓には優希もいる。 もうなんとなく予想がつくな。 さっそ…

続きを読む

咲-Saki- 21局『追想』

個人戦。 団体戦では出れない者も出るので、その数はかなり多い。 全国に出れるのは3人だけ。これまた厳しいな…… そして初戦の組み合わせが発表される。 優希はタコスの準備もバッチリ。多すぎだが。 モブは地味。 というかテンション低すぎw とりあえず一回戦が開始する。 和だけでなく、団体戦で優勝した清澄メンバーは全員マークされる。そういった方がかえって力を…

続きを読む

咲-Saki- 20局『姉妹』

優勝したことで全国に行ける。 それを姉に報告するが、それは過去の記憶と重ねた夢。それでも、全国出場は夢ではなく現実。 西東京でも決勝戦が開催されていた。 そこで出場するのは照。 咲は日常。 部長からの命令で水着持参で部室へ集合する。理由としては、リフレッシュみたいなものか。 せっかくプールに来たのに、咲は泳げないと言う。そんな咲に、和はサポート。 エトペ…

続きを読む

咲-Saki- 19局『友達』

忌中。 それが衣の過去を示すもの。 両親が事故で亡くなり一人になった衣。その前に現れたのが、いとこの透華。 友達と呼べる存在がいない衣に、 「今日から、透華お姉さんと呼んでもいいんですのよ」 と声をかける。 それに対する衣の返答は、 「お前より衣の方が誕生日が早い」 そうだw 同い年というのをすっかり忘れていたw 友達のできない衣であったが透華のお…

続きを読む

咲-Saki- 18局『繋がり』

池田の槍槓で、咲とかじゅはとりあえず窮地を脱した。 しかしその分咲のポイントも下がった。さて、どうなるか…… 池田はまだ完全にピンチを脱したわけではない。 あくまで優勝が目標であるからこそ高得点を目指す。 過去の回想。 周りからウザイと言われたりするというキャプテン。 しかし池田はそれに負けないと言う。何か物凄く説得力があるようなw その時誓った図々しさを思…

続きを読む

咲-Saki- 17局『悪夢』

前半戦終了。 ということで咲は我慢していたおトイレに。 和は咲のもとへと駆けつける。 悲惨な池田のもとに行くのはキャプテン。 約束では、休憩時間には会わないということになっていたが、それでも会いに行く。 かける言葉の見つからないキャプテンは、ただ一緒にいることで力を与える。 かじゅは冷静。 しかし今の状況を覆す方法が見えないでいた。大将の器ではないと言うかじゅを…

続きを読む

咲-Saki- 16局『結託』

またも嶺上開花の形ができた咲。 今回は暗槓だから大丈夫だろうとカンしようとするが、そこでかじゅの捨て牌を見て暗槓でも槍槓できる役に気付く。 国士無双。 もしそれができていたら45000点。 咲が下した判断はそれを避けること。 かじゅの先ほどの槍槓は明らかに咲にプレッシャーを与えていた。 そして流局。 そこで衣が目覚め始める。 一は初めて衣と戦ったときのこと…

続きを読む

咲-Saki- 15局『魔物』

副将後半戦続き。 透華はモモの能力を前に、わけがわからずにいた。 しかしステルスモモはまだこれから。 というところで、おっぱいさんの和がリーチ。 モモは降りないでステルス発動。が…… 「ロン」 和の告げたその言葉に驚くモモ。なぜおどろいているのか、これも外野だとわからないこと。 捨て牌が見えないはずのモモの能力だが、そんなオカルトは和には通用しない。 …

続きを読む

咲-Saki- 14局『存在』

前半戦オーラス開始。 透華はテンパイ。 和寄りの実況に関し、ルックス的に受けるのも和だと言う純に、一はやはり否定する。 いつもならリーチしないところで透華はリーチをする。 全ては目立つため。一もビックリ。 らしくはなかったが、和のパーフェクトを阻止するツモ。 まあ和本人はたいしてこたえていないだろうけど。 トップに躍り出た龍門渕。 このまま調子に乗…

続きを読む

咲-Saki- 13局『微熱』

人ゴミが嫌いな衣。ただ大将戦に出るためだけに再び会場へ向かう。 衣にとって退屈なだけの大将戦。 しかしハギヨシによれば今回は違うと。さてどうなるかね。 会場では副将戦が開始されようとしていた。 出場するのは和、透華など。 透華は和を物凄く意識しているが、和にとって透華はどうでもいいのかな。 んで透華は目立ちたいだけ。 外野の予想では透華が優勢。しかし…

続きを読む

咲-Saki- 12局『目醒め』

久とキャプテンの過去。 綺麗な右目をさらしてしまったキャプテン。ルビーとサファイア、いいじゃないか。 キャプテンは文堂に優しく声をかける。自分の責もあるからと。 端から見ればもう優勝は難しいであろう風越。流れ的にね。 キャプテンは文堂にアドバイスを残していく。 龍門渕。 エトペンを持った衣がやってくる。 破れたぬいぐるみに泣く衣であったが、そこへ現れ…

続きを読む

咲-Saki- 11局『悪戯』

電車内の女生徒二人。今度は寝過ごしてしまう。 寝れる神経が凄いわ。 それはいいとして中堅戦。BGMがのどかだなぁ。 久はリラックスして打ってるようでいい感じ。 そして悪い待ちでリーチ。悪い待ちというのは部長の持ち味。 和はかつてそれに反発していた。 オカルトやら流れとか信じないから偶然だと言う。 こういう考え方をする和には疑問を持つ。和にとって人生ってなんだろう…

続きを読む

咲-Saki- 10局『初心者』

電車に駆け込む二人の生徒。 目的は和の試合を見ること。 なんとか間に合うだろうと安心したのも束の間、逆行きの電車と判明。 マジかよ…… 風越キャプテンは暖かく迎えられる。 慕われてるなぁ。 レギュラーじゃない部員も別の形でサポート。 この学校凄くいいなぁ。 龍門渕も負けはしたものの雰囲気は悪くない。 これもまたいいと思う。 てか純が女なの忘れがちに…

続きを読む

咲-Saki- 09局『開眼』

実況白石で始まる今回w 決勝が始まる。 決勝は一人半荘二回ずつ。 一回分のタコスしか用意してない優希は、いきなり窮地に。てかそれくらい把握しておけ。 とりあえず京太郎にタコスを買ってこさせることにし、優希は決勝の舞台へと向かう。 風越女子からはキャプテンの福路美穂子。 鶴賀からは津山睦月。 龍門渕からは井上純。ずっと疑問に思ってたけど、こいつ本当に女だろうなぁ? …

続きを読む

咲-Saki- 08局『前夜』

電車の中。 咲は疲れたようで和にもたれるように眠る。 和にとってはウハウハw 電車から降りてからは、決勝に備えて屋台でラーメンを。 優希の豪快な食べっぷりはなんとも爽快。和も満足なようで。 明日も早朝集合。それはそれで大会らしくていいと思うけど、目標はホテルかな。 風越女子。 今年のチームはコーチに嫌われてると。 勝ってそれを見返してやりた…

続きを読む

咲-Saki- 07局『伝統』

和の初陣。 その手にはエトペンが。 何故ペンギンか。 それは周りにもわからないし、我にもわからない。 目立ってることを僻む透華。それだけでも効果は大きいんじゃないか。 和はエトペンを持ってからミスが減った。 ネットで名を馳せたのどっち。和が人前でその本性を見せるのは初めてとなる。 最初だけは長く考えるという和。 あらゆるパターンを想定す…

続きを読む

咲-Saki- 06局『開幕』

大会当日。 集合する清澄メンバー。 が、会場では咲が早速はぐれてしまう。 そんなところへ風越女子、龍門渕が登場する。 天江はまだいないと。 注目は天江衣。 宮永照と同等レベルの強者らしいが…… 和も注目の一人。 こちらとしては合宿を経てどれだけ成長しているかが注目か。 取材陣としては清澄団体としての強さは期待していない。 迷…

続きを読む

咲-Saki- 05局『合宿』

バスで合宿所に向かう一行。 和は麻雀のことを父親に快く思われていない。 この地に残り麻雀を続けていくには優勝するしかないと。 合宿所に到着。 まずは温泉へと。 女の子は慎みを持つべきというのが和の考えか。 それはいいな。 そんな和をひん剥けとまこが命令。 微妙にいいポジショニングに移動する咲がなんともw そんな騒ぎがあった後、しっかり…

続きを読む

咲-Saki-

咲-Saki-。 今期のアニメで知り、面白いと思ったので漫画を読んだ。 そしてまた実に興味深いと思った。 相変わらず麻雀はわからないけど、これで少しはアニメの見方も変わるかな。 多分。 咲-Saki 1 (ヤングガンガンコミックス)スクウェア・エニックス 小林 立 ユーザレビュー:面白い!まほらば、ワ ...こういう麻雀マンガも ...麻雀+α普通の麻雀漫 ..…

続きを読む

咲-Saki- 04局『翻弄』

最初から驚かされた和の行為w 和は咲をどういう目で見てるんだw まあそれはいいとして、京太郎は和にときめいてるようでw 和については、恋する女はなんとかみたいなやつかな。 とすると和はやっぱり咲のことを…… 食事。 咲、和、優希、京太郎の4人で。 何か難しい組み合わせだな…… 意図的ではないだろうが、段々と京太郎の本領が発揮されてきた気が……w …

続きを読む

咲-Saki- 03局『対立』

OP見てると、これって麻雀のアニメだよな……と錯覚してしまう…… ということで2話。 カレンの父親はディートハルト。 あ、すいませんw 和は咲を物凄く意識してる。 だけどそれを認めたくないと。 それを逃さぬ記者さんもさすがだ。 咲の姉、照。 親近感がわく名前だw タコス。 我は好きではないな。 部活。 さすが…

続きを読む

咲-Saki- 02局『勝負』

今度は咲が1000点スタート、他は33000点スタートで±0にするという体で、勝つための麻雀を始める。 が、そこに立ちはだかる和。 麻雀って翼が生えるほどに凄かったんだなぁ……w 麻雀は詳しいことは全然わからないというか、それ以前くらいな気がする。 でも優希とかなんていいねw 面白いわw 結果。 咲は、33000点のマイナスを跳ね返し、再び±0で上がった…

続きを読む

咲-Saki- 01局『出会い』

原作などまったく知りません。 というか、漫画とかもほとんど読まないので、原作を知ってる作品ってほとんどない気がする…… あと、麻雀も全然知らないし興味もない気がする。 高校時代の修学旅行で、同室だった友人が(我的な)夜遅くに他の部屋へ麻雀をしに行くと言ったが興味がないのでついていかず寝ようとし、挙句部屋の鍵を閉めたまま一晩部屋を独占したくらいですから。 (ちなみに翌日は麻…

続きを読む