今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の弐

続きです。 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の壱 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の弐 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の参 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の肆 評価項目 ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっか…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 12幕『狼ととめどなき涙』

会議の結果を公布するのが早すぎたがための武装蜂起。それでも会議の結論が覆されることはないだろう。 とにかくきちんと現金を持って毛皮の買い付けにのぞもうというロレンスたち。 ロレンスは現金を持ってくる役目を担い、エーブは船を手配する。そして宿で落ち合うことに。 ロレンスは現金を取りに向かおうとするが、ホロはそれを止める。 「ぬし、何を隠しておる」 ロレンスがこの取引の危う…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 11幕『狼と別れの決意』

売られるホロ。 その価格はプライスレス。ではなく、トレニー銀貨2000枚。 エーブが打診した価格は、2500枚であったが、少々残念な結果になった。その代わり、手数料なしの満額。支払いはリュミオーネ金貨60枚ということに。 はっはっはっはっ^^ 気前の良さは、投資だという。エーブの賢さを知っているからこそのもの。 この取引は幸運の賜物。ここにいる皆がその幸運に肖ることがで…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 10幕『狼と孤独な微笑み』

目覚めたロレンスは、エーブに大きな商売の話を持ちかけられたことをホロに告げる。 まだその返事をしていないが、その商売はとても大きなものであることは確か。 まとまった現金で上質の毛皮を買い付け、船でローム川を下って誰よりも早く売りさばく。そうすれば利益は元手の倍になる。 金を集めている悠長な時間はない。できるだけ早く金を手に入れ、できるだけ多く買い占める。これは商戦。 儲けを求める…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 09幕『狼と無謀な商談』

明け方まで一人にしたことを謝るロレンスだがホロは不機嫌。まあたまにこんなことがあるくらいがちょうどいい。 何だかんだ言って仲のいい二人。小芝居的なやり取りがいいな。 そんなこんなで、リゴロのところへ到着。 シスターさんに案内された先は綺麗な緑の見える空間。そしてリゴロが現れる。 リゴロ自慢の庭園に驚いたロレンス。それが好印象になり、スムーズに話を聞けるように。 エーブは…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 08幕『狼と蠱惑的な旅人』

港。 ホロが飽きないというその光景だが、そこは何か問題があるように見えない。 ホロに聞こえるものも、北の大遠征に関する税のやり取りばかり。 酒を飲んで帰ると、ホロはいつものように布団に直行。 そしてロレンスが一人で向かった先は、酒場。 変わった看板娘がいることで。 この時間に行商人が酒場に来る理由は一つ。 ロレンスは街の入り口にいた人達のことを訊く。 どれ…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 07幕『狼と戯れの日々』

とりあえず一段落ということで、また新たな地レノスに向かうロレンスとホロ。 旅の途中では雨も降り、とても寒そう。 しかし二人はいつもの調子に戻り一安心といったところか。 レノスでは材木と毛皮が有名なため、狼の毛皮があることもある。それをロレンスは念のため言っておくが、狩る狩られるの世界にいる狼としては無問題だと。 そんなこんなで着いたレノス。 そこも何やら一悶着があり…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 06幕『狼と信ずべき神』

ロレンスの勝利は正直厳しいところ。 ディアナからの使い次第というのが現状。 ホロは現在、アマーティのもとから離れている。 そんなホロを見てのロレンスの再びの妄想。人の心理って難しいな。 黄鉄鉱は買いが増えてどんどん値が上がる。 アマーティが持ってる黄鉄鉱の在庫は銀貨800枚分。2割上がったら960枚分となり、残り40枚分は財産を切り崩すことで捻り出せばいい。つまり2割だけ値が上…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 05幕『狼と希望と絶望』

ロレンスはギ・バトスのもとに向かい、黄鉄鉱の在庫を訊く。 バトスがロレンスにばかり肩入れできないということ、ディアナが商売の話を嫌っているということも承知の上でそれを譲ってくれるよう頼む。 錬金術師の人たちの在庫を頼るロレンス。 それは己の利益のため。とても大事なもののため。 ロレンスが今何よりも優先するのはホロのこと。 長い沈黙ののちに、バトスはロレンスが良き行商人で…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 04幕『狼と浅知恵の末路』

ロレンスはホロのことを考えながら、祭の中をとぼとぼと歩く。 その思考の中では、アマーティについていくホロの姿。 ロレンスが見たくないものだろう。 そんなロレンスが向かったのはマルクのもと。 全てはロレンスが油断したことによる。それを本人も認める。 マルクへの相談は、値段の風向きを変えられないかというもの。 しかしそれは無理。すぐに値下がりはしない。 予想がつ…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 03幕『狼と埋まらない溝』

最初から大事な場面。 「もう一人の主役がご到着だ!」 ロレンスが走り向かった先には、アマーティ。 アマーティは、ホロの借金を返済すると同時に、ホロの自由を取り戻し結婚を申し込むと言い、誓約書を提示する。 借金がなくなったからといって、ホロの選択の自由はある。 しかし、アマーティにはロレンスについていかないという自信があった。 ロレンスが応じれば契約は成…

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 02幕『狼と嵐の前の静寂』

ホロが狼の姿をさらし、去って行こうとしたときの夢で目覚めるロレンス。 起きるとホロはまだ寝ていた。 一人でマルクのところに行き、年代記作家の情報を訊く。 ギ・バトスという行商人のもとに行くといいということを聞いたロレンスは宿に帰る。 マルクのところで働いている少年エウ・ラントから受け取ったという手紙をホロに見せるが、字が読めないと言う。 そこに書かれていた内容は、 …

続きを読む

狼と香辛料Ⅱ 01幕『狼とふとした亀裂』

ホロが目覚めるとそこは荷馬車の上。 故郷ヨイツの夢を見ていたというホロが目覚めてすぐの素直な一声は、 「腹が減った」 二期もいつもの調子で始まる。 しかしやはり、期間が空くと声が微妙に変わるなぁ。 寒さしのぎのため、ホロの尻尾をカイロ代わりにするロレンス。実に気持ちよさそうだ。 クメルスンに到着するのはもうすぐ。 それを知るホロはワクワクだが、ロレンスの…

続きを読む

狼と香辛料 13話『狼と新たな旅立ち』

独り必死にもがくロレンスのもとにホロが来る。 ロレンスを裏切ったことに対するレメリオへの報い。 それはホロが人を殺すということを厭わないと思えるほどの大きなものになるか。 ロレンスは、まずはノーラを救ってくれと言う。 しかし、それは狼ホロと羊飼いノーラが対峙することを意味している。それでもロレンスはそれを強調する。 その強い思いにホロは応える。 ホロは狼の姿に変わり、…

続きを読む

狼と香辛料 12話『狼と若僧の群れ』

レメリオ商会のリーベルトも加えて作戦は決行される。 飛んで。 牧羊犬エネクはホロの正体に気付いている。 夜。 狼の気配を感じ取ったノーラとホロ。 遠吠えすらせずに狼は去っていった。それは実に妙なこと……とな。 一夜明け。 エネクがホロのことを意識していることなどから、ホロが羊飼いではと考えるノーラ。 それはエネクが惚れていると切り返すホ…

続きを読む

狼と香辛料 11話『狼と最大の秘策』

ロレンスはどんなに無様でも、どんなに僅かな額でも金を集めた。 しかし集まったのはたったの3リュミオーネ。 それをある意味でホロに託し、宿屋を後にする……が。 「たわけ!!」 と言われ戻る。 ホロは自分が悪いということの自覚と覚悟があった。問題はロレンスがそれを責めなかったこと。中途半端が災いしてしまった。ホロは賢狼だけあって強いな。 臆面もなく言えるロレンスは、それはそれ…

続きを読む

狼と香辛料 10話『狼と渦巻く陰謀』

証書をもらうロレンス。 ノーラの話もするが、この辺りは有名なようで。 証書の宛先はレメリオ商会と言うと、ヤコブの手が止まる。信用買いしたのかと。 ただロレンスなら大丈夫だろうと証書を渡す。 その後、いつものようにホロにからかわれる光景。 ロレンスは馬鹿正直だなぁ。 レメリオ商会に赴くロレンス。 そこで発覚する事実。 ポロソンから早馬がきて知らされたことはあまりに過…

続きを読む

狼と香辛料 09話『狼と羊飼いの子羊』

羊飼いに、狼の噂は聞かなかったかと訊かれるロレンスは、聞いたと平然と言う。 そんなロレンスに自分を雇ってくれと。狼から守ることができるからと。 ホロによると優秀な羊飼い。 牧羊犬エネクも優秀そうで、ロレンスは雇おうとする。 ホロがいれば十分で、正体がばれるという危険性もあるのだが、そこはロレンスだからな。 ここで初めて自己紹介。ノーラ・アレント。 だが前回のスタッフロール…

続きを読む

狼と香辛料 08話『狼と正しき天秤』

ロレンスが聞いた魔術師の噂。 狼を召喚して意のままに操り、次々と旅人を襲わせては生き血を集めている。という。 教会都市リュビンハイゲンを目指すロレンス。 「林檎あるかや!?」 あれ、前話で懲りたのでは? それはそれとして、まったく、ロレンスは美味そうな話を巧くする。 林檎に関する美味そうな話を聞いたホロはすぐに行こうと言う。けど……梨も捨てがたい。 …

続きを読む

狼と香辛料 07話『狼と幸福の尻尾』

次回予告のタイトルと違うじゃないかと思った人は、よくお気づきで。 テレビ未放送、DVD(Blu-ray)のみに収録されている話。 大量に買った林檎を食べきれず飽き、それでも意地を張るホロ。 林檎のパイを勧めるロレンスだが、ホロは知らずそれを信じない。が、話を聞いていくと食べたくなって尻尾を振る。まあホロなら真偽はわかるだろう。 晩飯は肉。ということで市場に出る二人。 前話で一難…

続きを読む

狼と香辛料 06話『狼と無言の別れ』

下水道を歩くホロとロレンス。 ホロは自慢の耳で敵が近づいてくることを感じ取る。 相手が犬を放ったと知るや否や、遠吠えで威嚇する。にしてもリアルな遠吠えw 引き返した道からも追手が。かわしはするが、相次ぐ敵の攻撃により刺されるロレンス。 ロレンスが意識朦朧とするの中、ホロは外へと通じる道を感じ取る。 しかし、そこは古井戸の行き止まり。外に出ることはできなかった。 …

続きを読む

狼と香辛料 05話『狼と痴話喧嘩』

ホロが教会につれていかれたくなければ(教会では悪魔憑きとして裁かれるため)、取引が終わるまでじっとしていろとのメディオ商会の脅迫。 取引が終わった後に教会につれていかれない補償はないし、ミローネ商会としても値下がりするトレニー銀貨に、後に引けないくらいの投資をしてしまった。 仮にホロを助けてかくまったとしても、事実が知られているため告発され教会に踏み込まれたらおしまい。街から逃げても、別…

続きを読む

狼と香辛料 04話『狼と無力な相棒』

改めてゼーレンとの情報交換をするところから始まる。 そこにはゼーレンの様子を見張る人物の姿が。 これはロレンスの差し金。 正確にはミローネ商会の、だが。 ロレンスはミローネに利益をもたらすという契約のもとでゼーレンの企みの裏をつくことに。 ミローネ商会的には、ホロに騙されたことは一泡ふかされたということで一目置いているようす。 一夜明けて。 ミローネ商会…

続きを読む

狼と香辛料 03話『狼と商才』

港町パッツィオに到着。 人型のホロは姿がわれている。 だけど尻尾と耳がばれなければ大丈夫だろうと。 そりゃそうだろうな。 おいしそうな林檎のやり取り。 欲しいが正直に言えないホロと、そうわかっているが知らぬふりをしてからかうロレンス。 このやり取りは素敵だな。 というか林檎なんて毎年いらぬほどだぞ。 林檎は悪魔の実。 とかね。 商売のセオリ…

続きを読む

狼と香辛料 02話『狼と遠い過去』

パチンッと蚤を仕留めるホロ。 手入れを欠かさない尻尾は立派なもので。 雨が降り始めたため教会で雨宿りするロレンスとホロ。 当然のように教会に寄付(募金)する。 皆も雨宿りじゃなくても我にこうしてほしいよ、ホント。 ホロの耳と尻尾は隠せないため、傷があるという嘘をつく。 同時に妻であるとも。 にしてもホロの表情はSっ気たっぷり。 からかわれているロレンス。 …

続きを読む

狼と香辛料 01話『狼と一張羅』

夏に向けて一期を振り返ります。 とことで本編。 麦穂が風になびく、のだかな田舎の風景。 というには神秘さ、或いは幻想的さがある感じからの始まり。 そして主人公ロレンス(CV:福山潤)登場。 初っ端から馬に話しかける悲しいルルw 行商人は喋りが胡散臭い。 商人にとってはこれが世渡り上手というものなのだろうか。ううむ…… 町では人気のロ…

続きを読む

明日あたりから……

暇ではないけど、書くことが俺言ばかりすぎてつまらないから、夏に備えて狼と香辛料も振り返ってみようかなと思う。 そんな暇あったら今放送してるやつの感想書けやっていう話なんだけど、それについては書く時間じゃなくて見る時間がとれないからなぁ。 平日は研究室にずっといなけりゃならないし、土日はサッカーもあるからなかなかね。 明日は駅伝だしなぁ……

続きを読む

「狼と香辛料Ⅱ 0幕『狼と琥珀色の憂鬱』」

金の麦穂で先行的にきましたね、久しぶりのルルとカレン……いや、ロレンスとホロw 一期とは違い、ブレインズ・ベースの制作、キャラデザも変わったためにキャラがちょいと違うけど、まあこのくらいならあるだろうという程度。個人的には気にならない。 内容に関しては、原作だけでなくドラマCDでもやった内容なので、多少は違っても大体は見慣れたような感じだったかな。 二人のやり取りも…

続きを読む