今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の参

続きです。 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の壱 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の弐 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の参 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6 其の肆 評価項目 ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっか…

続きを読む

大正野球娘。 12話『土と埃にまみれます』

相手に対策されてからは思うように抑えることができない晶子と小梅。 とことで、逆転されてしまう。 小梅の家では、三郎と母親が小梅の試合について何度も触れるが、父親は見に行くことを頑として拒否。素直じゃないのはわかりきっていることなのに。 3-7となりピンチが続く場面で、晶子はブレ球を投げると言う。 小梅は案の定捕れず、さらに2点を許してしまう。 合唱部はその光景を見て…

続きを読む

大正野球娘。 11話『そゞろに胸の打ち騒ぐ』

坂下小相手に、攻守とも圧倒するようになってきた櫻花會。 新魔球もうまくいったようで、合宿の成果は充分か。 朝香との試合を明日に控えた夜。 小梅の家に高原がやってくる。 小梅不在の中、明日プロポーズすると公言する高原。 「もっとも、明日の試合に僕たちが負けたら、困ってしまいますがね」 そこで父親は初めて知る。小梅が野球をやっているということを。 とことで、父親は外にい…

続きを読む

大正野球娘。 10話『私は何をする人ぞ』

櫻花會の皆は合宿へと向かう。 今回の合宿を経て、巴との距離を一気に縮めようとする鏡子は、先に胡蝶に謝る。 「帰りのバスでは隣に座れない」 合宿の来たはいいが、泊まる予定の場所が嵐で散々な状態となってしまったため、集会場で泊まることに。しかし合宿ということを考えれば場所はそんなに関係ないか。 期間は2週間。 鏡子は張り切る。 守備練習するも、外野の鏡子はなか…

続きを読む

大正野球娘。 09話『誤解の多い料理店』

夜遅く。 小梅は相手選手の情報を覚えようと頑張るが、寝てしまう。 翌朝起きるともう登校する時間。 慌てて家を出ていく。が、部屋には相手選手、よりにもよって高原の写真を残してしまい、それが親に見つかってしまう。 そして学校ではいつもの相手と練習試合。 櫻花會はついに5-1で勝利を飾る。しかし相手は小学生。朝香中を相手にするにはまだまだ。 正式に朝香中に試…

続きを読む

大正野球娘。 08話『麻布の星』

こんなにも暑いと泳ぎたくなるという小梅。他の人たちは泳げないのかな。 記子から得た情報も貴重なものだが、何かが足りない。 というところでいつもの相手との練習試合。 試合は4-2の9回裏坂下小の攻撃。2死満塁の場面で、晶子は魔球を使ってみるという。一応は習得したようだが、小梅は捕れない。投げてみると案の定捕れず。そしてそのボールを見失ってのサヨナラ負け。 こうなれば別の魔球を覚…

続きを読む

大正野球娘。 07話『麻布八景娘戯』

夜道。 怪しい二人が一人の球児に勝負を申し込む。それが、辻打ちだと。 辻打ちの噂は櫻花會内でも流れる。 そこで小梅と晶子がアンナと乃枝に呼ばれる。 二人の成長は目覚ましいが、それだけでは勝てない。そのため、魔球を投げられるようになるよう言われる。 アンナに教わろうとする二人だが、アンナ先生はストレートしか投げられないと言う。あれ、カーブなら誰でも投げられるくらいのこと言って…

続きを読む

大正野球娘。 06話『球は広野を飛び回る』

櫻花會はついに基礎練習地獄から抜けることに。 しかしそれと同時に、アンナ先生はおばの看病のために長崎に行かねばならなくなったと。 実戦あるのみ、練習試合の申し込みを片っ端からしていくが、断られ続ける。 それでも、とにかく実戦あるのみということで、どんな相手でもいいからと練習相手を探すことに。 そこで小梅は帰宅途中に野球をする少年たちを発見する。 適当な空き地がないと嘆く少年たち…

続きを読む

大正野球娘。 05話『花や蝶やと駆ける日々』

いつものようにBS-TBS版。 小梅たちは雪から運動着を提供される。 家から内緒で持ってきたというそれだが、呉服屋の宣伝になれば問題ないだろうと。 それを着て早速ランニングを開始。 当分は基礎トレーニング。 キツイだろうな…… 小梅は疲労困憊で帰宅。 いい加減ばれてしまいそうだな…… 翌日。 晶子たちもボロボロ。 そのため、すぐに残りの…

続きを読む

大正野球娘。 04話『これから』

BS-TBS版。 雨の時期。 晶子はしばらく学校に来ていないようで。 そして記子も新聞部の活動の都合上、野球を断念することに。 また人探しが必要になってしまう…… 晶子が心配な小梅は、放課後晶子の家を訪ねる。 晶子は熱が出たようではあったが、大事には至らない。そんな晶子への差し入れはたい焼き。 ベッドで食べるのがはしたないというのなら、我の存在自体がはしたなry …

続きを読む

大正野球娘。 03話『娘九つの場を占めて』

BS-TBS版。 今度は読書会という名目で、朝早く出て行く小梅。 急いで走っていると、とある男子学生とぶつかってしまう。 男子学生は小梅に一目惚れしてしまったようで。 その男子学生は、小梅が落としていったハンカチを拾う…… 昼。 小梅の弁当は、朝ぶつかった影響で、当然ながら片寄っていた。 そんなところで、野球部の名称が決まったという報告が…

続きを読む

大正野球娘。 02話『春の長日を恋ひ暮らし』

毎度のことながらBS-TBS版。 小梅はグローブを直しにもらいに行く。 いとこの小学生にあげるためと嘘をつくが、4人同時とかはないだろw 翌日。 朝早く仕事を済ませ登校する小梅。 今度ついた嘘は補習。後が面倒なことになりそうだ。 学校。 月映姉妹。部屋で素振りをする巴に、静は外でやってくれと文句を言う。 そんな巴は女生徒に人気のようで。静は否定はするが…

続きを読む

大正野球娘。 01話『男子がすなるという、あれ』

BS-TBSね。 時は大正。 親にセーラー服をプレゼントしてもらった小梅ははしゃぐ。が、それは夢。 夢で始まるの多いなぁ…… 小梅は着物で登校。 夢と現実は違うもんですな。 遅刻(というか走ったこと)を老教師に咎められる小梅。 そこはアンナ先生のフォローでなんとか。 早く起きるというのは大事だよ。 下駄箱を開けると、そこには小梅宛の手紙が。 授…

続きを読む